海外FX業者はレバレッジがすごい

これからFXを初めてみようと検討している方は多いと思います。FXで利益を挙げる為には、事前の準備が大切なポイントとなります。とはいえ決して難しいものではありません。

先ずは自分の取引スタイルと決める事、そしてそれに見合ったFX業者を選ぶ事が大切になります。世の中には非常にたくさんのFX業者が存在します。
この中から自分に合ったFX業者を選ぶことは到底難しいです。

しかし自分のトレードスタイルを決める事でFX業者を絞ることが出来ます。FXの基本的なトレードスタイルといえば、数時間で取引を終える短期的な為替変動の差を狙うデイトレードや、数日から数年という長い期間で為替変動の差を狙う長期トレードがあります。

デイトレードでは、1回の利益は少ないですが1日に何度も積み重ねていく事で大きな利益にしていきます。

このスタイルの場合には、手数料が無料やスプレッドが狭い業者を選ぶ事がポイントです。
一方長期トレードの場合は、高金利通貨を買って長期保有することで、毎日スワップ金利を得る事が出来るスタイルです。こういった場合には、スワップが高い事や通貨ペアが多い、さらには長期保有を行う為にFX業者の信頼性や安全性を加味する事も大切です。

この様に自分の取引スタイルを決める事でFX業者を選びやすくなります。

私がFXを始めたきっかけは銀行で外貨商品を勧められたことです。当時の私は投資に対して無知であり銀行が言われるがままに外貨で投資信託を買っていました。

数か月後に投資信託を買ったことを職場の同僚に話すと、FXの方が手数料が安くてコストが低く投資ができると教えてくれました。同僚は元々金融機関で働いていたとうこともあり詳しく投資について教えてくれて、私を助けてくれました。FXでは手数料の代わりにスプレッドというものが存在して、これが金融機関の収益となります。

スプレッドは各社で開きがあり狭い方がコストが節約できます。この話を聞いて私は自宅に帰ってすぐに投資信託の手数料を調べてその高額さに驚かさせれました。

翌月の会社が休みの日に銀行に投資信託の解約にいって、今ではFXを外貨投資の感覚で利用しています。

10万円ぐらいでも十分投資が出来るところもFXのメリットと思っているので、まずは口座開設をするように家族にも勧めています。

海外のFX業者を使うメリットでレバレッジの高さがあります。

レバレッジとは、所有資金の何倍まで買い付けができるかという倍率です。
例えば、お金が10万円あれば本来なら10万円分の買い物しかできません。

しかしFXでレバレッジが25倍というと、10万円の25倍の250万円分まで買い付けができるという意味です。なにが起こるかというと、ある通貨が1パーセント値上がりしたら、本来その通貨を買っていた人は資産が1パーセント上昇します。

しかし25倍のレバレッジで最大限その通貨を買っていれば、25倍の利益が、すなわち資産が1.25倍になります。

この25倍とは現在の日本のFX業者のMAXのレバレッジです。

これでもすごいのですが、海外のFX業者のレバレッジは400倍とか800倍なんてところもあります。800倍なら、1パーセント値上がりしただけで一気に資産が9倍になることがある、ということです。

海外のFX業者でFXをやるのは英語の壁や送金手続きなどめんどくさそうですが、最近は海外FX業者も日本語対応してるところもあり、送金方法も動画等でわかりやすく説明しているサイトもありますので、それほと大変ではなくなってます。

FXで資産を短期的に増大させたスーパートレーダーが国内にいらっしゃいますが、彼らはほぼ間違いなく海外のFX業者を使っています。

一攫千金で海外のFX業者を使ってみるのもよいのではないでしょうか?
もちろん損失の場合はダメージもその分大きくなるので、自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です